2014年12月29日月曜日

12年先を考えて

2014年も残すところわずかとなりました。鵜足津福祉会の関係者の皆様には大変お世話になりました。この場を借りて謹んで御礼申し上げます。

さて、 2015年の年賀はがきのデザインが話題になっているのをご存じでしょうか。

切手のところに、右手に編み棒を持ち、首にマフラーを巻いたヒツジ(来年の干支)が描かれています。それだけ見ると何のことはないのですが、実は12年前のデザインでは(覚えている人は少ないでしょうが・・・)、ヒツジが何か編み物をしていました。そうです、それが今回ヒツジが首に巻いているマフラーだったのです。

「1年の計は元旦にあり」といいますが、このヒツジは12年前に1年でなく12年の計を立て、今年ようやくマフラーを編み終えたというわけです。

このデザインは、長い目で見て辛抱強く事に当たる大切さを教えてくれているようです。