2015年2月24日火曜日

3月1日(日)に高瀬荘で胡蝶蘭(コチョウラン)の即売会開催

3月1日(日)午前8時30分から、高瀬荘で胡蝶蘭(コチョウラン)の即売会を開催します。

『読売新聞』に掲載された記事を以下に紹介します。

三豊市高瀬荘の障害者支援施設「高瀬荘」で、利用者が育てたコチョウランが咲きそろった。3月1日に施設で開く即売会で、市価の半額程度で販売する。

入通所者の収入源の一つとして、施設がオープンした1989年から栽培を続けている。

コチョウランは、空調管理された3棟のガラスハウス(計1100平方メートル)で栽培。白やピンク、紫色の花を咲かせ、即売会では30センチ以上に成長した豪華な花約970本を売り出す。

即売会は午前8時半からで、売り切れ次第終了。1本株が500~2000円、2、3本株は2000~4800円。問い合わせは高瀬荘(0875・74・7811)。
(2015年2月19日(木)『読売新聞』地域欄より引用)

食品のコレステロールは気にする必要なし!

これからは「食品のコレステロールは気にする必要がない」そうです。

これまでにも一部の研究者らはコレステロールを過度に心配する向きに警鐘を鳴らしてきましたが、それがようやく正されたということです。

卵好きの人にとっては朗報でしょうか?

とり過ぎると健康によくないとされてきた食品のコレステロールについて、米政府の諮問委員会は「過剰摂取を心配する必要はない」とする報告書をまとめた。

米政府は今年中に食生活指針を改定するが、1日300ミリ・グラム以下という摂取量の目安が撤廃される可能性がある。

これまで、卵やエビなどコレステロールが多いものを食べ過ぎると、血中のコレステロールが増えて動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの病気につながるとされてきた。

しかし、米保健福祉省と農務省の食生活指針諮問委員会が、コレステロール摂取量と血中コレステロールの関係を調べたところ、両者の関連性を示す証拠はなかったという。

日本では、厚生労働省が昨年3月にまとめた食事摂取基準の2015年版から、生活習慣病予防のためのコレステロール摂取の目標量を廃止している。

寺本民生・帝京大臨床研究センター長は「摂取量が血中コレステロール値に与える影響には個人差がある。摂取量に一律の基準を設ける必要はなく、血中の値が高い人は個別に医師から指導を受けるのが望ましい」としている。(2015年2月23日『読売新聞』より引用